個人にとっての人生の武器

 

選択理論・RTは、個人にとって、主体性をもって、人生を生きていくうえでの強力な武器になります。

 

生活や人生で、より幸せを多く感じ、不幸を減らしていく方向で、自分の考えかたや行動を整理し、より効果的な考えかたや行動を選択していくのに役立ちます。

 

私たちがふだん、頭の中で考えていること、心の中で思っていることは、自分の口から、言葉として表現しないと、自分でもよくわからないところがあります。

 

自分が何を得たいのか、何がしたいのか、を口にすることで、それらがわかる、それらを実現できる道筋を考えることができるようになります。

 

また、それらが、本当に自分がしたいことかどうかも、やってみれば、わかってきます。やってみて、自分に合っていれば、続ければいいし、違っていれば、方向を転換すればいい。

 

一つのことをやってみると、それが自分に合うかどうか、合わないとしたら、なぜ合わないのか、何が合わないのかが検討できるので、それと比較して、自分が本当にやってみたいことがなになのかについてのヒントを得ることができます。

 

一方、選択理論を知らないと、自分を、より幸せを感じられる方向に変えることができるのに、できないと思いこんだり、変えることが困難なのに、他人や環境などを変えようと、結果の出ない努力をしてしまう、ということが起こりがちです。