QLOOKアクセス解析

(参考)「リアリティ○○」の呼称について

以下は、私的な雑感のようなものであるが、

 

クライアントの「リアリティ(現実)」に焦点を当て、クライアントの「今ここの欲求充足と行動選択」を扱う場合、それが、クライアントのセラピー(心理療法)であれば、「リアリティセラピー」という呼称が適切であるが、

 

クライアントの目標やゴールの達成を目指すコーチングの場合には、「リアリティコーチング」、

 

目的達成のために資源をやりくりする場合には「リアリティマネジメント」と呼ぶことができよう。

 

また、リアリティセラピーを組織のマネジメントに使う場合は、「リードマネジメント」と呼ばれるが、組織のマネジメントにおいても、「リアリティ(現実)」を重視するのであれば、「リアリティ・リードマネジメント」と呼ぶのがより正確であると考える。

 

一方、個人が「自分のリアリティ」全般をセルフマネジメントするという場合には、「リード」という言葉はなじみにくく、「リアリティ・セルフマネジメント」と呼ぶのが、より正確であるように思われるが、このサイトでは、これを個人の「リアリティマネジメント」と呼ぶことにする。