選択理論に基づく生き方のエッセンス

選択理論は、「人の脳の働きと行動のシステム」についての一つの体系的な考え方であり、一種のパラダイムである。

 

そして、個人による選択理論心理学の日常的な実践は、「聴く、話す、質問する」というコミュニケーションを、自分との間で行ったり、他者との間で行ったりすることによって行われる。このような選択理論を実践するためのコミュニケーションの方法が、リアリティセラピー(RT)であるといえよう。

 

ここでは、「選択理論に基づく生き方のエッセンス」として、左記の項目をまとめている。