選択理論・RTを知っているとできること

 

選択理論心理学を知り、選択理論を日常的に実践するためのコミュニケーション方法であるリアリティセラピーが使えるようになると、次の4項目のことができるようになる。

 

①「自分の欲求充足と行動のセルフコントロール」

 

②「他者との良好な人間関係の構築と維持」、

 

③「他者の欲求充足の支援」、


④「リードマネジメント(支援的な対人マネジメント)」


上記4項目のそれぞれについては、左記のサブ項目でまとめている。