グチ、言い訳を聞かないのはなぜか

ぐちもいいわけも、本人にとっては目的があり、その目的を果たす最善の行動として選択しているのである。

 

しかし、聴き手となって、相手の愚痴や不満を聞き続けることは、相手にとっては、「自分のことを分かってほしい」という欲求が充足されるが、聴き手にとっては、一方的な受け身のコミュニケーションであり、自分の力の欲求、自由の欲求、楽しみの欲求、所属の欲求のいずれをも阻害する。

 

つまり、グチや不満を聞き続けることは、聴き手の欲求を阻害するのでしんどくつらいことである。そこで、グチや不満を聞き続ける代わりに、相手の願望を聞くように転換する。

 

相手にとっては、「愚痴や不満をいうことでも欲求充足する」が、「願望を聞いてもらうことでも欲求充足できる」ということに気づいてもらえるし、それによって、相手を支援できることにもなる。

 

・ぐち(私のことを分かってほしい)をきかないのではなく、グチの代わりに願望をきく(あなたがいいたいことはわかった。それで、あなたが願っていることは何か)。

 

・いいわけ(私のことを分かってほしい)をきかないのではなく、これからどうしたいかをきく(あなたがいいたいことはわかった。それでこれからどうしたいのか、どうなったらいいと思うのか)、